CATEGORY

事業再構築補助金とは

「認定支援機関」とは?

※正式名称:認定経営革新等支援機関 認定支援機関とは、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、審査し認定する公的な支援機関です。 具体的には、商工会議所や商工会など中小企業支援者のほか、中小企業診断士、税理士、公認会計士、弁護士、 金融機関等が主な認定支援機関として認定されています。 認定支援機関に相談すると様々なメリット 認定 […]

結論!事業再構築補助金とは?!

事業再構築補助金を一言で説明するならば・・・ 【ものづくり補助金の事業再構築枠】です! なぜなら2月15日に発表された概要の中に ・本補助金は、基本的に設備投資を支援するものです。設備費のほか、建物の建設費、建物改修費、撤去費、システム購入費も補助対象です。・新しい事業の開始に必要となる研修費、広告宣伝費・販売促進費も補助対象です の記載があります。 申請書のポイント ●現在の企業の事業、強み・弱 […]

事前着手承認制度

事業再構築補助金を申請後の注意点になります。 ・補助事業の着手(購入契約の締結等)は、原則として交付決定後です。・公募開始後、事前着手申請を提出し、承認された場合は、2月15日以降の設備の購入契約等が補助対象となり得ます。ただし、設備の購入等では入札・相見積が必要です。また、補助金申請後不採択となるリスクがありますのでご注意ください。 小規模事業者補助金の際は概算払いが出来たが、今回は’原則交付後 […]

事業転換事例解説

飲食業での活用例(業態転換) 小売業での活用例(業態転換) サービス業での活用例(新分野展開) 製造業での活用例(新分野展開)

事業計画の策定

最初に! ものづくり補助金の申請内容に少し似ていると思います!! ・補助金の審査は、事業計画を基に行われます。採択されるためには、合理的で説得力のある事業計画を策定することが必要です。・事業計画は、認定経営革新等支援機関と相談しつつ策定してください。認定経営革新等支援機関には、事業実施段階でのアドバイスやフォローアップも期待されています。 事業計画に含めるべきポイントの例 ●現在の企業の事業、強み […]

事業再構築補助金!主要申請要件

①売上が減っている・申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年又は2020年1~3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している。 ②事業再構築に取り組む・ 事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う。 ③認定経営革新等支援機関と事業計画を策定する・ 事業再構築に係る事業計画を認定経営革新等支援機関と策定する。補助金額が3,0 […]

MMMメソッドによる総合診断で1次期待効果算出と見極め

「経営革新計画承認」では、前述したように4つの新事業活動を取り上げているが、ここではそれに必ずしも含まれていない既存事業の経営革新も含めて(ここでは広義の経営革新という),企業全体の革新1次期待効果を算出し、プロジェクト全体にやる気を引き出すとともに,経営革新の目的が明確になってくることを示す。そして、公的支援から、民間ベースの支援に継続して支援できるようにするにはどのようにしたらよいかを考えてみ […]

経営革新計画承認の本来の意味と目的・プロセス

(1)経営革新計画承認の本来の意味 「経営革新計画承認」は、①新製品の開発または生産②新役務の開発または提供③商品の新たな生産または販売の方式④役務の新たな提供の方式の導入その他の新たな事業活動 の4つのいずれかの新事業活動によって経営革新を行う事業体に都道府県が承認するものである (2)経営革新計画承認のバックグラウンド「経営革新計画承認」の理論的バックグラウンドは、経済発展がイノベーションによ […]

「事業再構築補助金」が求める「事業再構築」って具体的には何のこと?

コロナの影響による事業環境の変化に対応して、規模拡大、新分野展開、業態転換・事業転換等のこと 「第1回中堅企業・中小企業・小規模事業者の活力向上のための関係省庁連絡会議」の資料によると 業種ごと具体事例のご紹介します。 製造業・産業機械向けの金属部品を製造している事業者が、人工呼吸器向けの特殊部品の製造に着手、新たに工作機械を導入・光学技術を用いてディスプレイなどを製造している事業者が、接触感染防 […]

>補助金のプロにお任せください。

補助金のプロにお任せください。

社会保険労務士事務所 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社 事業再構築補助金申請代行サービス!申請代行予約受付開始!無料相談お気軽にお問い合わせ下さい!

CTR IMG